季節外れのサトウキビ
d0037062_10261048.jpg 季節外れのキビ刈りをしてきました。普通なら1月~3月の間に収穫するのですが、遅れに遅れてもう5月です。「さすがに刈らないとまずい」ということになり、刈りに行ってきました。キビ刈りといっても親戚宅の庭で育てている程度ですからたいした量はありません。それでも一人で作業するとなると、それなりに時間が掛かかりますね。
[PR]
# by 45ks | 2005-05-06 10:29 | 日々
子供の日
d0037062_1046879.jpg 歩いて30分ぐらいの所にある首里城公園の龍潭(りゅうたん)池では、例年のように鯉のぼりが泳いでいます。天候はあいにくの曇り空なのですが、それでも15年程前なら、連休中沢山の子供達がこの池に集まって魚釣りを楽しんでいたことでしょう。綺麗に整備されて、魚釣りが禁止されてしまった現在の池からは、かつての賑わいは消えてしまいました。落ち着いた風情の現在の龍潭池も良いですが、子供の日にはあの頃の賑わいを思い出します。
[PR]
# by 45ks | 2005-05-05 10:52 | 日々
セサミストリート オリジナルピルケース
d0037062_13391326.jpg 只今”バファリン 40錠入り”をお買い求めいただきますと、「セサミストリート オリジナルピルケース」がついてきます。
 手前味噌ですが、けっこうかわいいですよ
[PR]
# by 45ks | 2005-05-04 13:42 | お薬
梅雨
d0037062_11474634.jpg あと1週間は先のことだと思っていたのに、沖縄地方は昨日、早々に梅雨に入ってしてしまいました。
 そんなわけで今日は曇り空、雨までは降っていないけれど「那覇ハーリー」などのイベントも多いゴールデンウィーク中、なんとかもってくれるのでしょうか。
天気がよくなるよう願いをこめて、今日は空の写真を使おう。
 
[PR]
# by 45ks | 2005-05-03 11:54 | 日々
天門冬
d0037062_1141911.jpg 黒い石灰岩の上を、背を低く構え縦横無尽にツルを伸ばす天門冬。吹き付ける海風に翻弄されながらも、野生の草花はしたたかに成長し続けている。

 天門冬(テンモンドウ) 植物名はナンゴククサスギカズラといい、その姿は名前が示すようにスギの葉の形に似ているツル状の植物です。
 天門冬は、その貯蓄根を修治(お薬として使用できるよう加工すること)したものをさします。天門冬は、咳止め、利尿、滋養、強壮薬として、麻黄升麻湯、清肺湯などの漢方処方に使用されています。ただし、胃腸虚弱で下痢症の方には向きませんので、その様なタイプの方には注意が必要なお薬です。〈薬剤師:高良美代子)
 
[PR]
# by 45ks | 2005-05-02 11:44 | 生薬
万座毛
d0037062_1412121.jpg ゴールデンウィークが始まりましたね、今年は7連休なんて方も結構いらっしゃるのではないでしょうか。私は、昨日一足先に半日休みを頂きまして、カメラを片手に万座毛まで行ってきました。暑すぎない日差しと、涼しい海風、そして目の前に広がる美しい景色と、かがやく海の色に出迎えられて、すっかりリフレッシュして帰ってまいりました。
 この時期は天気が崩れることが多いのですが、すっきり晴れるとまさしく「うりずん」と呼ぶにふさわしい、すがすがしい天気になります。「もし、沖縄に遊びにくることがあればぜひこの時期に」と宣伝して回りたいところなのですが、あいにく天候が崩れることも多く、大きな声で勧められないのが残念ですね。
 さて今年の連休中、お天気はどうなるでしょうか、すっきりと晴れる日が続いてくれるとよいのですが・・・ 
[PR]
# by 45ks | 2005-05-01 14:08 | 日々
季節の変わり目に
d0037062_1015137.jpg 沖縄ではあまり花粉症の話しは聞かないのですが、それでもこの時期は季節の変わり目ということもあり、くしゃみ・鼻水などのアレルギー症状に悩まされる方は多いようです。
 そんな、つらいくしゃみ・鼻水でお悩みのご病人様へお届けしたいのが、ホノビエン錠というお薬です。このお薬は6種類の漢方生薬と抗ヒスタミン薬で構成され、アレルギーのつらい苦情を取り除きます。また、胃腸を盛んにするので、病気を治そうとする力を湧かせながら、症状をらくにします。
 他の鼻炎薬によく使用されるベラドンナ総アルカロイド、PPA、PSEを配合しておらず、目や口が乾きにくく、眠くなりにくいのが特徴のお薬になっています。
 
 ホノビエン錠は 36錠入り
           90錠入り
           300錠入り
 の三種類をご用意しております。

ご興味のある方は、当店を含めお近くのホノミ漢方のお店へ、ぜひ足をお運びください。お待ちしております。(薬剤師:高良美代子)


ワンポイント:お薬の飲み方
ホノビエン錠を飲むときは、ぬるま湯でお飲みください。
 冷たい水は身体を冷やし、くしゃみ・鼻水を悪化させてしまい、お薬の効果を弱めてしまいます。
[PR]
# by 45ks | 2005-04-30 10:04 | お薬
ホノミ漢方って?
d0037062_159554.jpg 今回は、当店で扱っているホノミ漢方薬の考え方についてお話しさせていただきたいと思います。
 ホノミ漢方は、従来の漢方処方に西洋医学の考え方を加えて作られたお薬で、従来の証による治療だけでなく、病気の種類によって主となるお薬を選び、さらに病人様の体質を伺いその体質に合った従となるお薬との組み合わせによって、病人様のつらい症状を取り除くという考えのお薬です。
 お薬を選ばせて頂くときにも、ただ効き目がよいお薬を使うのではなく、病人様の体質に応じたお薬を選ぶことにより、お薬で副作用などが起きぬよう注意をしております。
 病気は、病人様ご自身がお治しになるものです。当店やホノミ漢方は、病人様のお身体を支え、病人様自身の病気を治す力〈自然治癒力)を最大限に生かし、その後病気に打ち勝っていただきたいと日々願っております。(薬剤師:高良美代子)
[PR]
# by 45ks | 2005-04-29 15:14 | お薬
いらっしゃませ
d0037062_1124334.jpg「サン薬局のお薬な話し」へ
ようこそお越しくださいました。
サン薬局は、沖縄県那覇市にてホノミ漢方を中心とした漢方薬を扱う薬店でございます。
 このブログは、当店で扱っているお薬の紹介の他、生薬や健康についてお話しが出来ればと思い、始めさせて頂きました。
 私の稚拙な文章力で、どこまで伝えることが出来るのかと不安もありますが、ここから始まります「サン薬局のお薬な話し」を、どうぞよろしくお願いいたします。
[PR]
# by 45ks | 2005-04-28 11:51