カテゴリ:日々( 58 )
香り
d0037062_14584489.jpg
お昼過ぎに白檀のお香を焚きます。
その残り香は夕方まで残り、
ほのかな白檀の香りの中で、
落ち着いた午後を過ごします。

忙しい時には忘れますが、
その心配は、あまりないようです。

ちなみに当店で使用している白檀香は、
松栄堂の「南都」という名のお香です。
[PR]
by 45ks | 2005-06-15 15:04 | 日々
雨続き
d0037062_17373439.jpg
もう、梅雨も明けるのかと思っていたら、
梅雨の雨が戻ってきた今週。

「雨には逆らえないね」と思いながら
読みかけの小説を読みふける
そんな一日
[PR]
by 45ks | 2005-06-14 17:42 | 日々
しずく
d0037062_19465126.jpg
昨日の雨も一息つきましたね。
出勤前、庭で雨の雫をたたえたイチョウの葉を見つけて撮影。


・・・撮影中・・・




「やばい、遅刻だ!」と思い、急いで出掛ける
[PR]
by 45ks | 2005-06-13 19:51 | 日々
雨模様
d0037062_1954947.jpg
雨模様の日曜日
いつもより早く暗くなる外を
「かばくん」と一緒にぼんやりと眺める
[PR]
by 45ks | 2005-06-12 19:06 | 日々
ゴーヤのリンゴ酢漬け
d0037062_1225148.jpg
梅雨明けはもう少し先ですが、お日様が出るともう夏ですね。
今日は夏本番を前に、夏バテ予防の「ゴーヤ-のリンゴ酢漬け」をご紹介いたします。

これは、ゴーヤーを蜂蜜入りリンゴ酢に漬け込んだもので、ゴーヤーのきつい苦味を抑え、ゴーヤーが苦手だという方にもお勧めできる、甘酸っぱくておいしいお漬物。
作り方も簡単で、

1.カットしたゴーヤーを軽く塩でもみます
2.適当な器にゴーヤーを入れ、蜂蜜入りリンゴ酢に浸します
3.最後に好みの量の「鷹の爪」を入れて、5日ほど漬け込んでおきます

たったこれだけで完成です。
簡単ですよね!

「暑くなって食欲が落ちてきた」なんて時に召し上がれば、
蜂蜜入りリンゴ酢に漬け込んだゴーヤーの、まろやかな苦味と、
鷹の爪の辛味が、夏バテ気味で働きの鈍った胃を刺激して、
食欲が戻ってまいります。

ぜひ一度、お試しになってくださいね
[PR]
by 45ks | 2005-06-10 12:27 | 日々
池田卓さんの八重山初ライブ
d0037062_2113688.jpg
以前紹介した、池田卓さんの八重山での初ライブまで、
後三日にせまりました。

この時期に合わせて、私も石垣まで行こうと思っていたのですが、
諸事情ありまして、今回のライブには参加できなくなってしまいました。

きっと盛り上がると思うので、
初めて行われる、八重山でのライブに、参加できないのは残念ですが、
また機会があると信じて
「次回こそは行けるようにするぞ!」
と思っています。

池田卓さんのライブは、6月8日
小劇場 石垣島のアトリエ游にて開催されます。


池田卓
Solo Live in やえやま [1st]

  と き:2005年6月8日(水)
  開 場:午後7時30分
  開 演:午後8時

  ところ:小劇場アトリエ游
      (石垣市登野城87 本願寺裏)

  入場料:前売 2,000円 当日 2,500円

詳しくは下記のHPにて
池田卓オフィシャルサイト
小劇場 アトリエ游
[PR]
by 45ks | 2005-06-05 21:08 | 日々
ブタの蚊取り器に出番は・・・
d0037062_2026398.jpg
やっと天気が回復してきましたね。
昨日までは、湿度が80パーセント近くあり、
かなりうっとおしい天気だったのですが、
今日は転じて、暑いですがカラッとした陽気です。

さて気温が上がってゆくと共に増えるのが、夏の虫たちですよね。
特にお店では、日が落ちてから店内へ虫が入ってくるので、要注意です。
個人的には別段気にならないのですが、
薬屋で蚊に刺されたくはありませんよね。

そこで、冬の間しまってあった殺虫スプレーを手元に置き、
30日蚊取り器をセットし電源を入れ、
さらに、真打には蚊取り線香を・・・と思うのですが、

やはりそこは狭い店内なので、
除虫菊の匂いが充満するのはちょっと・・・

というわけで、蚊取り線香は真打ながら、
今年も当店では仕事が無さそうです。

個人的には、蚊取り線香を使うのが、
一番自然な感じがして好きなのですが・・・
[PR]
by 45ks | 2005-06-04 20:32 | 日々
思い出のブルートレイン
昨晩、ビールを傾けながらTV番組の情熱大陸を観ていた。
特集されていたのは、鉄道を愛し続ける政治学者「原 武史」

冒頭、これをもって廃線となるブルートレインが駅を発車した。そのニュースは以前に聞いてはいたけれど、発車して行くさまをTVの中で見せられたとき、不意に学生時代の風景が、心の中から湧き出してきた。

沖縄、鉄道のないこの島で、私のちょっとした自慢話は、学生時代に「ブルートレイン」で博多から東京まで行ったことだ。夕方出発して翌朝東京へ到着する。18歳だった私は、話の中でしか触れたことない旅情に胸を膨らませて電車に飛び乗った。

駅の売店で、ちょうどその時期に帰省する友人と連れだち、道中の飲み物と、暇つぶし用の週間漫画雑誌を大量に買い込み、初めて体験する寝台車へ腰をかけた。ちょっとしたトラブルで1時間ほど送れた電車は、少し陽が陰ってくるころの博多駅を出発した。

電車は、深夜に近いころ広島に着いた。ここで乗せる乗客を最後に、後は東日本まで一直線、私の記憶ではそうである。

深夜まで起きているような生活が続いていた学生時代の私が、寝台車ですぐに寝付けるはずもなく、また夜をひた走る列車の窓からは、景色も眺められずに退屈だった。それでも、あわい憧れのあった寝台車に乗っているというその実感が、退屈を楽しみに変えてくれた。

寝台車に揺られ、いつの間にか眠りについた私は、カーテンの隙間から照らす太陽のまぶしさに目を覚ました。すでに列車は帰省のために乗った友人を降ろし、小田原を過ぎた。終点の東京駅はもうすぐだというところでアナウンスが流れ。

東京駅終着だったこのブルートレインは、二つ前の駅「品川」を終点とするらしい。
発車遅れのためだろうか…

私は正直あせった。「迎えに来てくれるはずの彼女は東京駅にいるはずだ。それを品川で止まるなんて!」品川止まりとなったブルートレインを飛び降り、山手線へ乗り込む。終点予定だった東京駅へ急いで向かった。

しかし、そこに待ち人はいなかった。

携帯電話の普及していなかった時代、連絡手段は固定電話しかない。

一時間ほどホームで時間をつぶした後、つながった電話の先に、心配しながらも連絡を待つために部屋に帰った彼女の声を聞いた。

 その後、慣れない東京の街で、山手線と小田急線を乗り継ぎ、彼女の待つ世田谷へと向かった。


長い間、九州と東京とを繋いでいたブルートレイン「さくら」と「あさかぜ」は、2005年3月1日をもって廃線となり、思い出の列車にもう一度乗って旅をする機会は失われてしまった。それでも、またいつの日かブルートレインに揺られながら旅をしてみたい。
[PR]
by 45ks | 2005-05-30 17:21 | 日々
のんびり気分で
d0037062_12122545.jpg海に行った次の日は
身体からも心からも力が抜けて
のんびりした感じです

仕事中なのに
まだスイッチが
切れたままですね

でも、もったいないから
もう少しだけ
のんびりしよう
[PR]
by 45ks | 2005-05-23 12:13 | 日々
タマン釣り
d0037062_10291422.jpg昨日は友人に誘われ
タマンという魚を釣りに行ってきました

沖縄本島中部、海中道路を渡り浜比嘉へ
その島の漁港からさらに
ボートで15分ほどの無人島に

午後4時ごろ島に上陸して
お迎えは翌朝8時半

まる一日浜辺でゆっくりと過ごしながら
夜釣りを楽しんでまいりました

釣りは「誘われて、時間が取れれば行く」程度の
不真面目な釣り人である私には
今回も一匹も釣れませんでしたが
一緒に行った方々は、すごく上手な人ばかりで
68cmのタマンを筆頭に
結構な数の釣果を上げてらっしゃいました

釣れようが釣れまいが
海辺で過ごすこと自体が大好きなので
また機会があれば行ってみたいと思わせる
とても美しい島でした

できれば、次こそは私も釣り上げたいものです
[PR]
by 45ks | 2005-05-22 20:21 | 日々